2015年02月25日

春告魚

”マンサクの花が咲きました”
支那満作は花の時期が早く、枯葉を残したまま春を迎えるそうです
マラソン選手のようにバトンを渡すまで 頑張っているのですね。


CIMG0425.JPG

宍道湖産の白魚が入荷しました!
氷のように透き通った繊細で美しいお魚です
しらうおと言えば、真っ先に浮かぶのは「白魚のような指」
我の手を眺めながら・・・悲しいかな・・・程遠いのでございます。

CIMG0414.JPG

CIMG0416.JPG

ほろ苦さと香りが絶妙
椀物や玉子締め 揚げ物など目にも美しい春をご賞味くださいませ。

 松花堂弁当
如月のお茶事・・・春の香をお楽しみいただきました。
紅白ご飯  口取り 造り 煮物 焼き物

CIMG0243.JPG

CIMG0338.JPG

CIMG0343.JPG

CIMG0341.JPG

ふぐコースは2月で終了させていただきます。
ふぐ白子 琥珀煮凝り寄せ
CIMG0336.JPG

ご来店心よりお待ち申し上げております。

posted by 京料理ふくもと at 18:40| Comment(2) | 料理

2015年02月11日

初午

紅まんさく・・・蕾が膨らんできました
”切り紙細工のような花” 今年もたくさんの花が楽しめそうです。


CIMG0317.JPG

初午祭
早朝、赤坂の豊川稲荷へお参りに行ってきました
祝日とあって、大変な賑わいでございました
五穀豊穣、商売繁盛のご利益に与かれますようにと祈願。

毎年 豊川名物のいなり巻をボリボリいただきます!

inari2_JPG.jpg

稲荷神のお使いといわれる狐の好物といえば 油揚げ
紅白の鏡餅、お煮しめ、お赤飯、お菓子を供え、お相伴に預かりました。

CIMG0344.JPG

開運となりますように。


posted by 京料理ふくもと at 23:35| Comment(0) | 晴雨日記

2015年02月03日

和菓子教室 「菱葩餅」


節分を迎え、いよいよ春到来でございますね。

一年の無病息災を願い時節のお菓子を作りました。
「福ハ内」 羽二重餅製

CIMG0278.JPG

生地を蒸し、真っ白な羽二重餅を州浜餡で包み升目をつけて仕上げました
州浜粉は大豆を浅く煎り挽いた粉です
お福さんを作り始めると生徒さんが大笑い、どうしたのでしょう
お餅を升に見立て、”鬼は外 福は内” 粉まみれで頑張りました!

CIMG0283.JPG

法螺貝餅(ほらかいもち)   柏屋光貞

20120203171918.jpg

節分の日だけに作られる「法螺貝餅」は霊験新たかなお菓子。
小麦粉をクレープ状に焼き、牛蒡を吹き口に配し、味噌餡芯に巻き付けてあります

img_0.jpg

生徒さんが京都帰りにお持ち下さり、思いもよらぬ”プレゼント” 感謝でございます!
”いただきたかったお菓子”  春を迎える佳き日の訪れとなりました。

「旬の便り」ですが更新ままならずあせあせ(飛び散る汗)・・・睦月の和菓子暦です。

「御菱葩餅」 川端道喜
CIMG0152.JPG

念願の川端道喜さんの「試み餅」を初めていただきました。
嬉しくて・・・嬉しくて。
菱葩餅はそもそも宮中でいただくお雑煮 肴からお菓子へと

「菱葩餅(ひしはなびらもち)は、ごぼうと白味噌餡と紅色の餅時代の新年行事
「歯固めの儀式」を簡略化したもの
600年にわたり宮中のおせち料理の一つと考えられてきた。
歯固めの儀式では長寿を願い、餅の上に赤い菱餅を敷き、その上に猪肉や大根、鮎の塩漬け
瓜などをのせて食べていたが、だんだん簡略化され、餅の中に食品を包んだもの
(宮中雑煮とよばれた)を、公家に配るようになった。
さらには鮎はごぼうに、雑煮は餅と味噌餡でかたどったものとなり
宮中に菓子を納めていた川端道喜が作っていた。
明治時代に裏千家家元十一世玄々斎が初釜のときに使うことを許可され、新年のお菓子として使われるようになり、全国の和菓子屋でも作られるようになった。」Wikipedia記


「菱花びら餅」
まずは、牛蒡を一日炊き、糖蜜で数日漬けこみ、4日目「牛蒡の蜜煮」が完成しました!
「綱島産」堀りたての牛蒡です!

CIMG9878.JPG

でこぼこ容姿は様々ですが美味しい香り・・・お鍋を覗く楽しい数日でございました。

CIMG9879.JPG

CIMG9881.JPG

CIMG9920.JPG

CIMG9922.JPG

CIMG9943.JPG

白味噌餡を炊き、いよいよお菓子つくりです。

CIMG0094.JPG

CIMG0046.JPG

雅なお菓子の完成です!
CIMG0095.JPG

二色(にしき) 奉祝菓
紅羊羹を流し酒松風を合わせた二色の棹物

CIMG0252.JPG

CIMG0253.JPG

酒粕風味のもっちりとした松風と紅羊羹、御目出度いお菓子です。

昨年お茶タイムで餡雑煮の話題となり、香川県出身の生徒さんより餡餅を頂戴しました
作り方を伝授いただき・・・白味噌仕立の汁と銀杏大根・日の出人参・若菜を用意
これでよいのかしらと? 不安でしたがお餅を焼き始めると ”わ〜美味しそう”
初の餡餅雑煮、とても楽しみでございます。

CIMG0255.JPG

お菓子教室終え お料理教室???

CIMG0258.JPG

あまりの美味しさに、みなさんのお替わりは止まらずです
お茶タイムは「餡雑煮と柚餅」ご馳走さまでした。

CIMG0260.JPG

万両 こなし製

CIMG0104.JPG

庭の赤い実がいつの間にやら、ひとつもありません
春の訪れ・・・ですね。
posted by 京料理ふくもと at 00:01| Comment(2) | 和菓子

2015年01月05日

迎春


初春のお喜びを申し上げます
本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

CIMG0171.JPG

群れなす羊、家族の安泰と平和な暮らしを願う
未来塾の森田氏より 心和む「羊」頂戴し、早々店に飾らせていただきました。 

CIMG0207.JPG

仕事始め
1月4日 お初釜

我が家でお節をいただき、新たな気持ちで支度に入りました
お道具の紐をとき準備を整え・・・お釜をかけ香をたく
贅沢な心地よい緊張感、初入りのお客様ご来店でございます。

CIMG0191.JPG


              懐石お献立

              汁・・・・・海老芋 辛子
              向・・・・・鮪 水前寺海苔 山葵
              煮物椀・・・鴨真丈 焼き餅 連草 京人参 松葉柚子
              祝肴・・・・数の子 黒豆 ごまめ
              焼物・・・・銀鱈西京焼
              強肴・・・・筍 車海老吉野煮 菜の花
              預け鉢・・・吉祥ナマス
              箸洗・・・・松の実
              八寸・・・・伊勢海老 百合根
              香の物・・・白菜 たくあん すぐき 



CIMG0195.JPG

CIMG0196.JPG

CIMG0199.JPG

CIMG0197.JPG

主菓子  常盤の松

CIMG0186.JPG

銅鑼の響き清しく お初釜

CIMG0215.JPG

CIMG0219.JPG

お干菓子 初なすび 富士山落雁 わらび餅

CIMG0211.JPG

CIMG0213.JPG

お客様よりお茶のご相伴にあずかり、至福のひとときを過ごさせていただきました。
あらら・・・来年のお初釜のご予約ですか?
有難くも 「福笑い」でお開きとなりました。


posted by 京料理ふくもと at 20:54| Comment(1) | 料理

2014年12月28日

一陽来復


CIMG0321.JPG

今年も残すところ・・・あと僅かとなりました。
四季折々、ご来店いただきまして厚く御礼申し上げます。

様々な思い出に彩られた一年
来年も精進して参りますので、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

CIMG0065.JPG

お客様の一陽来復を願いつつ
お健やかに よいお年をお迎えくださいませ。

京料理 福們一同

posted by 京料理ふくもと at 15:23| Comment(2) | 晴雨日記

2014年12月25日

★happy Xmas★


CIMG0139.JPG

聖なる夜
皆さまそれぞれに素敵な時間を過ごされていらっしゃるでしょうクリスマスツリー

先日、三浦在住の生徒さん宅へお招きいただきました。
三崎口へ降り立つやいなや・・・辺り一面の青々とした大根畑に感嘆の一声
ワイワイガヤガヤ 
海を望みがら ”美味しいお菓子の家”作りが始まりました

CIMG0110.JPG

建築資材は、美味しいクッキーとアイシング

CIMG0109.JPG

前日よりご準備下さり、感謝しながらも制作途中にぽりぽりつまみ食い
ほ〜 何と美味しいのでしょう 熱々のフレバーティとぴったりでございます!
様々なパーツにデコレーション Christmasがやってきました・・・
 "楽しい初体験”に皆さんの個性が光っておりました

 
スペシャルランチ
M子さんお手製のピッツアは、迫力の五つ星!!!!!
皆でお邪魔ながら・・・ちょっぴりお手伝いさせていただき完成です

CIMG0112.JPG

香ばしく もっちり ”美味しいの一言" 絶品でございました。 

CIMG0117.JPG

三浦野菜を使って・・・いい香りが漂ってきました〜
お腹がぽかぽか温まるポトフ お鍋にいっぱい作ってくださいました
やさしいお味に、ハートもぽかぽか お母さんの味ですね。
”ご馳走さまでした”

CIMG0115.JPG

CIMG0116.JPG

木の実 盛る
午後は、念願のリース作り
今年拾い集めた思い出の木の実、お庭で積んだ貝殻草等・・・
「お好きなだけどうぞ」とカゴいっぱいご用意下さり
一つひとつ大切に盛り込ませていただきました。

CIMG0119.JPG

CIMG0118.JPG

ゆっくりと時間が流れ・・・素敵なリースが出来上がりました

CIMG0120.JPG


パウンドケーキでお茶タイム

CIMG0123.JPG

愛犬のクーちゃんもお疲れ気味?
賑やか過ぎて、ごめんなさい
CIMG0111.JPG

パウンドケーキは息子さんお手製、またまた感激でございます!
素晴らしいおもてなしに心より感謝の一日

CIMG0125.JPG

幸せなひととき・・・メリークリスマス

CIMG0099.JPG


来年は、”いっぱい木の実を拾うぞ” と心に誓いました。

posted by 京料理ふくもと at 01:41| Comment(0) | 和菓子

2014年12月18日

お鍋で一献


紅乙女(こうおとめ)

紅乙女.JPG

CIMG0127.JPG

師走半ば、街を行き交う人々もどこか早足のように見えます
昨日の冷たい雨風ですっかり葉も落ち、名残惜しくもわさわさと袋に詰めるなり
寂しくなった庭に咲き始めた椿姫、何とも美しい・・・。

年忘れ、”今年もお疲れさま”の音頭で乾杯!!
冬の食材をたっぷり召しあがりながら、一献お楽しみくださいませ。
親しいお仲間と囲むお鍋 お腹もぽかぽか温まるご馳走でございます
寄せ鍋 
熱々の煮え端は最高です

CIMG7613.JPG

ふぐちり 食べ飽きない魚?とか

CIMG9968.JPG

ぷっくり白子 濃厚でとろけるような味わいでございます

CIMG9965.JPG

ひれ酒で一献 もう一献

CIMG8123.JPG 

宴もたけなわ 
ほろ酔い加減に気合を入れて締めのビンゴでございますメロディ
美味しいプレゼントを抱きしめ、”福来たり”

CIMG0090.JPG

旬のご馳走をご賞味下さいませ

CIMG7656.JPG

ご来店心よりお待ち申し上げております。


posted by 京料理ふくもと at 00:47| Comment(2) | 料理

2014年11月26日

和菓子教室 錦秋

和菓子教室ふくや 霜月


照葉が輝きを放つ・・・・
美しい装いを愛でながら、お菓子つくりを楽しみました。

錦秋

CIMG9896.JPG


CIMG9848.JPG


CIMG5827.JPG


”飛び入りの坊ちゃん” 
初めての和菓子つくりに夢中のご様子  持参のおもちゃはご無用でしたね
お母さまと楽しそうに奮闘されておりました!
弟君はカルピスを握りしめベビーカーでぐっすり夢の中。。。

CIMG9837.JPG

CIMG9839.JPG

”栗蒸し羊羹の完成でございます”  
また遊びにいらしてくださいませね(^^)/

CIMG9840.JPG

お饅頭の恋しい季節でございます
もちもちのつくね芋で薯蕷饅頭を作りました。

CIMG9730.JPG

お材料は、擂り芋とお砂糖 上用粉・・・空気を抱き込ませ・・・按配よろしければ
”ふっくり蒸しあがりますように”
蒸し器に向かい、お祈りして完成でございます。

蕪まんじゅう

CIMG9756.JPG

柚子の香 
皆さん、ふっくり美味しいお饅頭が出来上がりました。

CIMG9767.JPG 


黄身時雨  栗時雨    
 ほろほろと素朴なお菓子
亀裂は雨の通り道とか 風情も味わいでございます
それぞれの時雨が完成、早々お茶タイムに美味しくいただきました。

CIMG5896.JPG 


無花果ようかん・・・あがり羊羹製

CIMG9807.JPG


ぶどう餅・・・・求肥餅製

CIMG9781.JPG

菓子友さんに試食していただきました???

CIMG9782.JPG

初霜

CIMG0066.JPG

師走に向かい いよいよ冬の到来です
皆様お元気で、また美味しいお菓子を作りましょう!


posted by 京料理ふくもと at 21:15| Comment(2) | 和菓子

2014年11月12日

山里の貴婦人


CIMG9975.JPG

落ち葉舞う季節となりました。
掃いてはひらひら ひらり、その横で子猫が3匹走り回ってます
いつもの「コラッ!」から「よしよし」と・・・
あまりの可愛らしさに負けてしまいます
そこへ
椿先生が紀伊上臈杜鵑(きいじょうろうほととぎす)をお持ちくださいました
「皆さまに楽しんでいただければ嬉しいのよ」と。
丹精込め育てられた花、切る苦しみ 生ける楽しみ 有難く感謝でございます。

CIMG9957.JPG

艶やかな葉の上に上品な黄色い花を咲かせるホトトギスの仲間です
もう少し小ぶりでよく似た、トサジョウロウ、サガミジョウロウ、スルガジョウロウ
毎年お話を伺うのですが、混乱してしまって・・・比べれば葉の形も違います
「山里の貴婦人」と呼ばれるだけあり迫力のお見事な美しさでございますね。


CIMG9961.JPG

CIMG9959.JPG

さて、花入れは何に致しましょうか・・・一番の楽しみでございます!
あと10分で開店、一先ず筒形の備前に座っていただきました。

CIMG9980.JPG

お客様より”きれいですね” ”素敵ですね”とお褒めいただき
美しい貴婦人・・・羨ましい限りでございます!
椿先生!ありがとうございました。

posted by 京料理ふくもと at 22:30| Comment(3) |

2014年10月31日

飛龍頭


なーんでしょう?

CIMG9864.JPG

今朝、掘りたての牛蒡をいただきました
早々泥を洗い落としますと 美味しい香りがしてまいりました
大根に続き・・・フレッシュな根菜、何よりの旬の便りでございます!

CIMG9863.JPG


主役でも脇役でも存在感漂う根菜です
先程、「飛龍頭〜ひろうす」「雁擬〜ガンモドキ」を作りました
。。。ブログを書いている私は、横目でみているだけなのですが。。。
精進料理は手間がかかりますが、身体にやさしいご馳走でございます。

CIMG9593.JPG

お豆腐を温め、木綿袋に入れ重石をかけ余分な水分を抜きます
固さ加減の按配宜しければ、袋から出し丁寧に裏ごし
擂りおろした山芋と、玉子を加えます
牛蒡 木耳 百合根 ぎんなん 京人参を刻み混ぜ合わせます

CIMG9596.JPG

” 低温でじっくり揚げます ”

CIMG9599.JPG

アツアツを生姜醤油やお塩でいただいても美味しいですね!

CIMG9604.JPG

さっと油抜きをして、たっぷりのお出しで煮含め完成でございます

CIMG9850.JPG

今日は嬉しい事、もうひとつ。
ご予約にお見えになったお客様が、畑仕事の帰りに沢山の野菜お持ち下さり
”わしも80になっちまったよ”と素敵な笑顔で話されておりました!
有難く、元気までいただき・・・感謝申し上げます。

CIMG9867.JPG

かぶらの焚合せ・・たっぷりの銀あんでお召しあがり下さいませ。

CIMG9763.JPG

心まで温まる一日となりました。。。




posted by 京料理ふくもと at 21:31| Comment(0) | 晴雨日記