2015年02月03日

和菓子教室 「菱葩餅」


節分を迎え、いよいよ春到来でございますね。

一年の無病息災を願い時節のお菓子を作りました。
「福ハ内」 羽二重餅製

CIMG0278.JPG

生地を蒸し、真っ白な羽二重餅を州浜餡で包み升目をつけて仕上げました
州浜粉は大豆を浅く煎り挽いた粉です
お福さんを作り始めると生徒さんが大笑い、どうしたのでしょう
お餅を升に見立て、”鬼は外 福は内” 粉まみれで頑張りました!

CIMG0283.JPG

法螺貝餅(ほらかいもち)   柏屋光貞

20120203171918.jpg

節分の日だけに作られる「法螺貝餅」は霊験新たかなお菓子。
小麦粉をクレープ状に焼き、牛蒡を吹き口に配し、味噌餡芯に巻き付けてあります

img_0.jpg

生徒さんが京都帰りにお持ち下さり、思いもよらぬ”プレゼント” 感謝でございます!
”いただきたかったお菓子”  春を迎える佳き日の訪れとなりました。

「旬の便り」ですが更新ままならずあせあせ(飛び散る汗)・・・睦月の和菓子暦です。

「御菱葩餅」 川端道喜
CIMG0152.JPG

念願の川端道喜さんの「試み餅」を初めていただきました。
嬉しくて・・・嬉しくて。
菱葩餅はそもそも宮中でいただくお雑煮 肴からお菓子へと

「菱葩餅(ひしはなびらもち)は、ごぼうと白味噌餡と紅色の餅時代の新年行事
「歯固めの儀式」を簡略化したもの
600年にわたり宮中のおせち料理の一つと考えられてきた。
歯固めの儀式では長寿を願い、餅の上に赤い菱餅を敷き、その上に猪肉や大根、鮎の塩漬け
瓜などをのせて食べていたが、だんだん簡略化され、餅の中に食品を包んだもの
(宮中雑煮とよばれた)を、公家に配るようになった。
さらには鮎はごぼうに、雑煮は餅と味噌餡でかたどったものとなり
宮中に菓子を納めていた川端道喜が作っていた。
明治時代に裏千家家元十一世玄々斎が初釜のときに使うことを許可され、新年のお菓子として使われるようになり、全国の和菓子屋でも作られるようになった。」Wikipedia記


「菱花びら餅」
まずは、牛蒡を一日炊き、糖蜜で数日漬けこみ、4日目「牛蒡の蜜煮」が完成しました!
「綱島産」堀りたての牛蒡です!

CIMG9878.JPG

でこぼこ容姿は様々ですが美味しい香り・・・お鍋を覗く楽しい数日でございました。

CIMG9879.JPG

CIMG9881.JPG

CIMG9920.JPG

CIMG9922.JPG

CIMG9943.JPG

白味噌餡を炊き、いよいよお菓子つくりです。

CIMG0094.JPG

CIMG0046.JPG

雅なお菓子の完成です!
CIMG0095.JPG

二色(にしき) 奉祝菓
紅羊羹を流し酒松風を合わせた二色の棹物

CIMG0252.JPG

CIMG0253.JPG

酒粕風味のもっちりとした松風と紅羊羹、御目出度いお菓子です。

昨年お茶タイムで餡雑煮の話題となり、香川県出身の生徒さんより餡餅を頂戴しました
作り方を伝授いただき・・・白味噌仕立の汁と銀杏大根・日の出人参・若菜を用意
これでよいのかしらと? 不安でしたがお餅を焼き始めると ”わ〜美味しそう”
初の餡餅雑煮、とても楽しみでございます。

CIMG0255.JPG

お菓子教室終え お料理教室???

CIMG0258.JPG

あまりの美味しさに、みなさんのお替わりは止まらずです
お茶タイムは「餡雑煮と柚餅」ご馳走さまでした。

CIMG0260.JPG

万両 こなし製

CIMG0104.JPG

庭の赤い実がいつの間にやら、ひとつもありません
春の訪れ・・・ですね。
posted by 京料理ふくもと at 00:01| Comment(2) | 和菓子

2014年12月25日

★happy Xmas★


CIMG0139.JPG

聖なる夜
皆さまそれぞれに素敵な時間を過ごされていらっしゃるでしょうクリスマスツリー

先日、三浦在住の生徒さん宅へお招きいただきました。
三崎口へ降り立つやいなや・・・辺り一面の青々とした大根畑に感嘆の一声
ワイワイガヤガヤ 
海を望みがら ”美味しいお菓子の家”作りが始まりました

CIMG0110.JPG

建築資材は、美味しいクッキーとアイシング

CIMG0109.JPG

前日よりご準備下さり、感謝しながらも制作途中にぽりぽりつまみ食い
ほ〜 何と美味しいのでしょう 熱々のフレバーティとぴったりでございます!
様々なパーツにデコレーション Christmasがやってきました・・・
 "楽しい初体験”に皆さんの個性が光っておりました

 
スペシャルランチ
M子さんお手製のピッツアは、迫力の五つ星!!!!!
皆でお邪魔ながら・・・ちょっぴりお手伝いさせていただき完成です

CIMG0112.JPG

香ばしく もっちり ”美味しいの一言" 絶品でございました。 

CIMG0117.JPG

三浦野菜を使って・・・いい香りが漂ってきました〜
お腹がぽかぽか温まるポトフ お鍋にいっぱい作ってくださいました
やさしいお味に、ハートもぽかぽか お母さんの味ですね。
”ご馳走さまでした”

CIMG0115.JPG

CIMG0116.JPG

木の実 盛る
午後は、念願のリース作り
今年拾い集めた思い出の木の実、お庭で積んだ貝殻草等・・・
「お好きなだけどうぞ」とカゴいっぱいご用意下さり
一つひとつ大切に盛り込ませていただきました。

CIMG0119.JPG

CIMG0118.JPG

ゆっくりと時間が流れ・・・素敵なリースが出来上がりました

CIMG0120.JPG


パウンドケーキでお茶タイム

CIMG0123.JPG

愛犬のクーちゃんもお疲れ気味?
賑やか過ぎて、ごめんなさい
CIMG0111.JPG

パウンドケーキは息子さんお手製、またまた感激でございます!
素晴らしいおもてなしに心より感謝の一日

CIMG0125.JPG

幸せなひととき・・・メリークリスマス

CIMG0099.JPG


来年は、”いっぱい木の実を拾うぞ” と心に誓いました。

posted by 京料理ふくもと at 01:41| Comment(0) | 和菓子

2014年11月26日

和菓子教室 錦秋

和菓子教室ふくや 霜月


照葉が輝きを放つ・・・・
美しい装いを愛でながら、お菓子つくりを楽しみました。

錦秋

CIMG9896.JPG


CIMG9848.JPG


CIMG5827.JPG


”飛び入りの坊ちゃん” 
初めての和菓子つくりに夢中のご様子  持参のおもちゃはご無用でしたね
お母さまと楽しそうに奮闘されておりました!
弟君はカルピスを握りしめベビーカーでぐっすり夢の中。。。

CIMG9837.JPG

CIMG9839.JPG

”栗蒸し羊羹の完成でございます”  
また遊びにいらしてくださいませね(^^)/

CIMG9840.JPG

お饅頭の恋しい季節でございます
もちもちのつくね芋で薯蕷饅頭を作りました。

CIMG9730.JPG

お材料は、擂り芋とお砂糖 上用粉・・・空気を抱き込ませ・・・按配よろしければ
”ふっくり蒸しあがりますように”
蒸し器に向かい、お祈りして完成でございます。

蕪まんじゅう

CIMG9756.JPG

柚子の香 
皆さん、ふっくり美味しいお饅頭が出来上がりました。

CIMG9767.JPG 


黄身時雨  栗時雨    
 ほろほろと素朴なお菓子
亀裂は雨の通り道とか 風情も味わいでございます
それぞれの時雨が完成、早々お茶タイムに美味しくいただきました。

CIMG5896.JPG 


無花果ようかん・・・あがり羊羹製

CIMG9807.JPG


ぶどう餅・・・・求肥餅製

CIMG9781.JPG

菓子友さんに試食していただきました???

CIMG9782.JPG

初霜

CIMG0066.JPG

師走に向かい いよいよ冬の到来です
皆様お元気で、また美味しいお菓子を作りましょう!


posted by 京料理ふくもと at 21:15| Comment(2) | 和菓子

2014年10月15日

和菓子教室「山づと」

和菓子教室ふくや
”実りの秋がやってまいりました”

CIMG7282.JPG

万花の艶か 千葉の彩か・・・。
季節を宿す和菓子は、心ときめく初な便りを運んでくれます
今秋新しいお仲間がお見えになり、作りたてのお菓子にうっとりされておりました。

「まさり草」 愛らしい菊花が咲きましたね。
CIMG9576.JPG

CIMG9659.JPG

CIMG5761.JPG

CIMG9748.JPG

お祝い菓子
「めで鯛で乾杯」 お元気に復活された生徒さん!退院おめでとうございます。

CIMG9639.JPG

「お赤飯」まさに日本のお祝いご飯でございます
ふっくり蒸し上げ、ごま塩を煎る・・・折に詰めて完成です!

CIMG9602.JPG

CIMG9598.JPG

「紅白饅頭」 
 懐かしい思い出のお饅頭談議となりました・・・。
生徒さんが記念の画像を送って下さいました ”美味しそうですね”

DSC_1046.JPG

今年も山里の恵みに感謝でございます!
CIMG9711.JPG

「栗寄せ」

CIMG9764.JPG

「栗ちゃきん」

CIMG9757.JPG

「ころ甘露」
無花果は、夏の間次から次へと実をつける有難い果物
一昔前は、庭先からもぎ取りパクパク不思議な味を楽しんでおりました・・・

CIMG9708.JPG

初秋の頃、最後の小さな実を皮ごと甘露煮にします
先日「ころ」を八百屋さんでみかけ、思わずルンルン
甘酸っぱく、口いっぱいに広がるプチプチがたまりません
ここに花ありでございます!
羊羹に入れてみようか、このままいただこうか、
あまりの美味しさに、残り20粒の「ころ」と睨めっこ

”幸せな 和菓子日和 でございます”

posted by 京料理ふくもと at 22:50| Comment(2) | 和菓子

2014年08月31日

和菓子教室「朝の夢」

綱島の夏の風物詩 諏訪神社祭礼(30、31日)

CIMG9586.JPG

今年は秋風に吹かれての宮入となりましたが・・・綱島は熱い 熱いあせあせ(飛び散る汗)
まつり囃子と神輿のかけ声 ちびっこの笑顔にお縁日
いくつになってもお祭りっていいですね。

8月の和菓子教室は夏休みをいただきましたが
生徒さんより「涼しげな創作菓子」の画像を送っていただき、大変嬉しゅうございました。
”お菓子も人なり” 愛らしい和菓子は個性あふれとても感動致しました!
 公開できず残念でございますが(笑)有難うございました。

夏の想いで・・・「朝の夢」 薯蕷まんじゅう
白の木槿で一重の僅かに底紅になっているものを宗旦は好んだという伝えがあります
夏の間、大きな花を幾つも幾つも咲かせている木槿ですが、その花一つ一つは
朝に開いて夕方には萎んでしまう儚くも美しい一日花です。

CIMG2543.JPG

「水ようかん」
友人にご賞味いただいたのですが・・・いつのまにやら素敵な写真を撮ってくださいました(#^.^#)

DSC_2648.jpg

お干菓子 「金魚すくい」 黄身雲平
玉子とお砂糖 さくりと懐かしいお味がします。

CIMG9351.JPG

「蛍狩り」 吉野羹
吉野葛と寒天で寄せた吉野羹 ”つるんともっちり” ちょっと冷やしていただきます

CIMG9462.JPG

「川あそび」 錦玉竿物
沢山の小石を作っていると・・・楽しくって止められません!

CIMG9141.JPG

「桃の水まんじゅう」
桃餡と桃のコンフィを刻み忍ばせて仕上げました。
水鉢に浮かべてお出しすると・・・一層涼しげでございます。

CIMG9544.JPG

「天の川」 道明寺羹
夏の夜空にキラキラと輝く星
錦玉羹ですが道明寺のつぶつぶがもっちりと、好評でございました。

CIMG2524.JPG

「ところてん」
海の香りいっぱいのところてんです
天草をゆっくり煮出し、酢醤油と梅甘露でさっぱりいただきました。

CIMG2557.JPG

「萩の露」 薯蕷きんとん
晩夏・・・いよいよきんとんの季節ですね。
庭の萩も咲き始め 初秋の便りを届けてくださいました。

CIMG9538.JPG

”秋が待ち遠しいな”

posted by 京料理ふくもと at 22:23| Comment(2) | 和菓子