2016年11月08日

和菓子教室ふくや「錦繍」その2

秋の山


CIMG0635.JPG

錦に染まる山々・・・
毛糸玉のようなそぼろ餡でふんわり盛り仕上げました。

CIMG0589.JPG

寿山 
「寿山福海」ご長寿とご多幸を祈願しまして
還暦のお祝いのお菓子を作らせていただきました。

CIMG0583.JPG

照り葉
四方八方手を伸ばし 素敵なグラデーション魅せせてくれます”楓や蔦”
皆さんのお菓子が並びますと・・・圧巻 秋の風景が広がりました!

CIMG1739.JPG

重菊
最初に咲き出した小菊に蝶が寄ってきました・・・
へらを使い、リズミカルに花を刻んでいきます。
皆さん、とても楽しそうに作ってらっしゃいましたメロディ

CIMG0462.JPG

胡桃餅
素朴な柚餅子餅、和三盆糖仕上げで上品な甘さを添えました。

CIMG0455.JPG

通い路

CIMG0494.JPG

香ばしい麦落雁
照り葉散る作業はとても楽しいひととき 
”ぎゅっ” と押して完成でございます。

CIMG0490.JPG

黄金芋
美味しいお芋の季節がやってきましたね。
今年は「五郎島金時」と出逢い あまりの美味しさに大フアンとなりました。

CIMG0502.JPG

CIMG0503.JPG

五郎餡を桂皮松香る皮で包み焼き上げました・・・まだまだ作ります!!!

CIMG1763.JPG

ほっこり
こちらも五郎餡
パインの甘煮とクルミをトッピング、お芋の美味しさが際立ちます!

CIMG0575.JPG

黄身しぐれ
ほろほろと崩れるような優しい口あたりの蒸し菓子です。
時雨は秋から冬にかけて降る通り雨、
ホックリ割れた景色、何とも風流でございます。

CIMG0608.JPG

CIMG0614.JPG

かぶらのお饅頭
大好きな蕪です!
八百屋さんに立ち寄るとつい買ってしまう”可愛いかぶら”

霜月「開炉」には「粟ぜんざい」ともう一つ・・・・・「織部饅頭」をいただき祝います
お饅頭の恋しい季節でございますね(*‘∀‘)
レッスンを終え お饅頭でお茶一服 
至服のひとときでございました。

CIMG0640.JPG

posted by 京料理ふくもと at 00:12| Comment(0) | 和菓子

2016年11月02日

和菓子教室ふくや「実り」その1

日毎に深まりゆく秋
野山の木の実もすっかり熟し・・・爆ぜた風情も美しいものですね


CIMG0618.JPG

ゆたかな秋の実りに感謝して・・・。

小諸産 ”湯本さんのくりくり坊主” 
CIMG0549.JPG

食べてしまうのがもったいないような・・・愛しいまでの栗でございます!
早生栗は成熟するとまず実が落ち始め 芳香豊かな栗を味わえるそうです

山づと

CIMG0534.JPG

今回いただいた第2弾は、イガごと地面に落ちた栗を収穫されたものだそうです
粒の大きさ味わいも満点 ゆっくり楽しみたいと渋皮煮を作りました。

CIMG0543.JPG

栗の鬼皮を座から脇へ包丁を入れぐるりと丁寧に剥きます

CIMG0547.JPG

灰汁を抜く・・・栗は優しく・・・筋や綿毛を取り除き
ゆで汁が澄むまで何度も茹でこぼし・・・柔らかく茹で上げます

CIMG0548.JPG

いよいよ蜜煮
少しずつ砂糖を含ませ柔らかく仕上げます

CIMG0626.JPG

1日~4日間 ゆっくりゆっくり蜜を含ませ、「渋皮煮」の完成でございます。

CIMG0587.JPG

まずは一粒 ”黒い宝石”をいただく至福の時です!
栗蒸し羊羹や焼き菓子にと心ときめく和菓子日和でございました。

続き・・・「実り」その2へ

posted by 京料理ふくもと at 19:11| Comment(0) | 和菓子

2016年08月31日

名残の葛焼き

CIMG0296.JPG

暑さ残るものの朝夕吹く涼しげな風に ”小さい秋みーつけた”
和菓子教室も夏休みを終え、秋のお菓子作りを楽しみにしております。

夏は涼一味・・・葛や寒天菓子で涼しさを楽しみました。

葛やき
葛のやんわりとした食感と小豆の風味
夏の終わりを告げるかのような素朴な趣きのお菓子です
葛粉と小豆餡を練り上げぷくぷくと長時間蒸し型に流してゆっくり冷めるのを待ちます
四角に切り分け 米粉をまぶし 頃合いを見ながら六方を焼き仕上げます

CIMG1214.JPG

休んでいた葛肌に焼き目が入り、いっそう侘びた風情が感じられます。

CIMG0425.JPG

朝の露  葛製
今日はいくつ咲いたかな・・・と楽しみにしております母へ
この夏、お菓子もたくさんいただきましね(*^-^*)

CIMG0347.JPG

水ようかん 
凛と角立つ涼しげな水ようかん 涼菓の代表選手でございます!

水ようかん.JPG

銀河
水ようかんと錦玉の二層仕立てです

CIMG0238.JPG

蛍の夕べ
香ばしい蕎麦茶の蛍がちらほらと

CIMG0334.JPG

小豆の寒天ぷりん
ふるふるの口あたり、さっぱりといただけます

CIMG0320.JPG

さざ波
錦玉羹と道明寺羹の流し合わせ・・・波の音が聞こえますか

CIMG0191.JPG

CIMG0251.JPG

朝の夢  薯蕷まんじゅう
毎日楽しみました槿の花も段々に小さくなってきました・・・

CIMG2550.JPG

秋の訪れを待ちわびて、餅菓子やこなし きんとんと和菓子も衣替えでございます。


posted by 京料理ふくもと at 21:08| Comment(0) | 和菓子

2016年06月27日

和菓子教室ふくや 「水無月」


破れ傘

CIMG0117.JPG

大きく破れた傘からぐんぐん花茎を伸ばし凛と咲いております
地味な花ながらかなりの存在感、最後の一輪でございます。

6月晦日今年も半分が過ぎようとしておりますが・・早いものでございますね。
「夏越の祓」

CIMG1037-thumbnail2.jpg

半年分のケガレを落とし、この後の半年の健康と厄除けをお祈りいたします。
宮中では旧暦6月1日に「氷の節句」が行われ、冬にできた氷を山間の氷室に貯蔵しておき、
そこから取り寄せた氷を口にして夏を健康に過ごせるよう祈ったそうです。

庶民の氷への憧れのお菓子
氷を象った三角形のお餅に厄除けの小豆を散らした「水無月」を作りました。

CIMG0125.JPG

CIMG0075.JPG

素朴で醍醐味のあるお菓子でございます
” 瑞々しいしずる感も楽しみの一つ ”
皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

久々の更新で春が過ぎてしまいました・・・
6月も皆さんと様々なお菓子を作りを楽しみました。

雨あがり きんとん製

CIMG0103.JPG

麦手餅(むぎてもち)  麦刈りの季節に豊作を祝いいただくお餅です

CIMG0127.JPG

はつ夏  外郎製

CIMG9960.JPG

蓮餅(れんもち)  蓮根の澱粉を練り上げ もっちりぷるんの涼菓です

CIMG5617.JPG

州浜(すはま)

CIMG8953.JPG

金魚のワルツ  干し琥珀製

CIMG0133.JPG

日月桃(にちげつとう)  こなし製

桃.jpg

生徒さんからの美味しいおみや
お見事な苺のムース もぎたての枇杷

CIMG0067.JPG

えご寄せ 初めて食し感動いたしました!

CIMG0167.JPG

皆さまのお手製に感謝、ご馳走さまでした。
来月は涼菓を作りますのでお楽しみに。













posted by 京料理ふくもと at 21:59| Comment(2) | 和菓子

2016年01月28日

和菓子教室ふくや今年も豆豆

凛々しい 「もん君」

CIMG1862.JPG

今年も森照雄氏より素晴らしい作品を頂戴しました
眺めているだけで思わず笑みがこぼれてまいります。

松明けて睦月の和菓子教室が始まりました
”今年も皆さんと共に美味しい和菓子つくりを楽しみたいと思います”

CIMG1864.JPG

初音

CIMG1892.JPG

CIMG1854.JPG

暮れより青豌豆をコトコト 皮が破けぬようやさしく炊いていきます
お鍋で出番を待つお豆さん・・・心配で何度も覗きこむ母心
三日目〜やっとふっくりお豆が炊きあがり、新年「初音」で至福の一服をいただきました。
いつも豆炊きはドラマチック、ドキドキはらはら楽しいひとときでございます!

福梅  初春の寿ぎ 練切製

CIMG1926.JPG

古露柿 (ころかき)

CIMG1806.JPG

白味噌、醤油 胡麻 はったい粉と日本人の大好きなお味です
ヘタは桂皮松風味、皆さんとぺたぺた奮闘しながら美味しい餅菓子が完成しました。

起上がり こなし製
” だるま市みたい” と皆で福笑い。

CIMG0049.JPG

CIMG0061.JPG

どら焼
CIMG1771.JPG

CIMG1700.JPG

蜜漬け大納言でどら焼き餡を仕上げ、ホットプレートで皮を焼きはじめますと
あま〜い香り・・・”あち あつっつと気合い”です
餡たっぷりのどら焼きが完成、絶品の美味しさでございました。

CIMG1767.JPG

ほっこりモンキー

CIMG1756.JPG

さつま芋の美味しい焼き菓子で干支菓子をと作ってみましたが・・・
なかなか思うようにはいきませんでした(;^ω^)

お茶タイムのお善哉

CIMG9858.JPG


昨年の事、お教室で使っております北海道産の小豆をお分けしたところ
畑で育て再収穫の長野県産の小豆となり帰ってまいりました ”誠にびっくりです”
ひとまわり小さくなったお豆さんですが・・・嬉ししくて!
とても美味しく皆さんのほっぺも大喜び
生徒さんおもたせの珍しいお菓子や手製のお漬物に囲まれ楽しいお茶タイムとなりました。

!cid_128811FFC081422DAB62949A09BDD80F@PC.jpg

心より感謝して・・・来月もおたのしみに。

posted by 京料理ふくもと at 00:01| Comment(0) | 和菓子