2015年07月30日

和菓子教室ふくや 涼菓その2

涼一味 
横浜三渓園 〜 蓮池

CIMG9330.JPG

昨今では冷房設備のない夏は考えられませんが・・・、
お玄関先の打ち水に清々しさを感じ、草花一輪お籠に活ける
夏の暑さあってこそ 一時の愉しみがございます。
 
水辺の蛍 
涼しげな風情あるお菓子を作りました。

水辺の蛍.JPG

あらら・・・蛍がいっぱい?寒天がふるふる残ってしまった? ”ドンマイです”
赤と青の蛍(梅餡 柚子餡)は玉子アレルギーの坊ちゃんへのお土産
古典の中のニューウエーブ。。。 切り出しが楽しみですね(^^♪

CIMG1296.JPG

葛と寒天で作った錦玉羹を丁寧に練り合わせ吉野羹をつくりました。
糸寒天を煮溶かしてから砂糖を加える〜簡単そうですが見極めが肝心でございます
楕円に丸めた黄身餡と大納言2粒を添わせ、慎重に吉野羹に納め仕上げます
失敗は成功のもと・・・”成功へ繋がる1歩”とお菓子の神様がおっしゃっております!

葛まんじゅう
葛菓子の王道 和菓子作りの中でも憧れの涼菓です。
水の宿   葛 道明寺製
CIMG1302.JPG

CIMG1305.JPG


吉野本葛
もうすぐ葛の花が咲き始めますね・・・芳香に誘われ直ぐに出逢えます!
マメ科の葛は蔓をぐんぐん伸ばし、茎から3枚の大きな葉を広げております
葉は家畜の飼料となり、茎は葛布や工芸品に、そして根が葛粉の原料となります
良質の葛粉は1kℊから僅か100ℊしか採れない貴重なもの
練っていると良い葛ほどぐんぐん水を吸いあげレシピ通りにはいきません
おまけの水を用意して練りあげます
独特の粘り 艶やかな透明感が醍醐味でございますす
夏こそ、熱々の葛湯をいただくと元気になりますのでお試しくださいませ。

CIMG1229.JPG

CIMG9464.JPG

しっかり練りあげた葛に餡玉を潜らせラップで包み閉じてしあげました
かなり忙しい作業となりましたが、可愛い葛まんじゅうが完成しました。
いただく前に氷水にくぐらせ、ちょっとだけ冷やしていただきます

水ぼたん

CIMG1277.JPG

お茶タイム〜
作りたての葛まんじゅうをいただき ”美味しい”の歓声
涼しげなお菓子作りにあせあせ(飛び散る汗)でございましたが楽しかったですね。
皆さん、お暑い中大変お疲れさまでした。

蛍狩り

CIMG1297.JPG
 続きは「涼菓」その3でご紹介いたします。

posted by 京料理ふくもと at 20:20| Comment(2) | 和菓子
この記事へのコメント
暑中見舞いも完全に忘れてただただこの暑さに参っています。そちらはお元気のご様子、結構です。ブログ上とはいえ涼味たっぷりのお菓子に癒されています。嬉しい限りです。葉影にこぼれ咲いている蓮はどこのものでしょう。これさえも涼味にまさに花を添えていますね。

そろそろ夏の計画を考えていますが、涼しくて緑がたっぷりあって水があって人があまりいなくて・・・ただでさえ暑さでやられている頭の中がぐるぐるです。なにかリクエストはありませんか。お待ちしていますよ。ではまた。
Posted by アキストゼネコ at 2015年07月31日 03:29
暑中お見舞い申し上げます。

やっと更新しましたブログ
コメントをいただき有難うございました。
汗を拭いながらも・・・
美味しい和菓子作りは至福のひとときです(^^♪

お尋ねの蓮池は三渓園です
慌てて、記載しました(/_;)
”ぽん”と開花の音を聴いてみたいものですね。

お元気で夏と戦ってらっしゃるご様子
欲張りコースの計画、わくわく愉しみにしております。

どうぞ宜しくお願いします。
Posted by ふく豆 at 2015年08月01日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。