2015年02月03日

和菓子教室 「菱葩餅」


節分を迎え、いよいよ春到来でございますね。

一年の無病息災を願い時節のお菓子を作りました。
「福ハ内」 羽二重餅製

CIMG0278.JPG

生地を蒸し、真っ白な羽二重餅を州浜餡で包み升目をつけて仕上げました
州浜粉は大豆を浅く煎り挽いた粉です
お福さんを作り始めると生徒さんが大笑い、どうしたのでしょう
お餅を升に見立て、”鬼は外 福は内” 粉まみれで頑張りました!

CIMG0283.JPG

法螺貝餅(ほらかいもち)   柏屋光貞

20120203171918.jpg

節分の日だけに作られる「法螺貝餅」は霊験新たかなお菓子。
小麦粉をクレープ状に焼き、牛蒡を吹き口に配し、味噌餡芯に巻き付けてあります

img_0.jpg

生徒さんが京都帰りにお持ち下さり、思いもよらぬ”プレゼント” 感謝でございます!
”いただきたかったお菓子”  春を迎える佳き日の訪れとなりました。

「旬の便り」ですが更新ままならずあせあせ(飛び散る汗)・・・睦月の和菓子暦です。

「御菱葩餅」 川端道喜
CIMG0152.JPG

念願の川端道喜さんの「試み餅」を初めていただきました。
嬉しくて・・・嬉しくて。
菱葩餅はそもそも宮中でいただくお雑煮 肴からお菓子へと

「菱葩餅(ひしはなびらもち)は、ごぼうと白味噌餡と紅色の餅時代の新年行事
「歯固めの儀式」を簡略化したもの
600年にわたり宮中のおせち料理の一つと考えられてきた。
歯固めの儀式では長寿を願い、餅の上に赤い菱餅を敷き、その上に猪肉や大根、鮎の塩漬け
瓜などをのせて食べていたが、だんだん簡略化され、餅の中に食品を包んだもの
(宮中雑煮とよばれた)を、公家に配るようになった。
さらには鮎はごぼうに、雑煮は餅と味噌餡でかたどったものとなり
宮中に菓子を納めていた川端道喜が作っていた。
明治時代に裏千家家元十一世玄々斎が初釜のときに使うことを許可され、新年のお菓子として使われるようになり、全国の和菓子屋でも作られるようになった。」Wikipedia記


「菱花びら餅」
まずは、牛蒡を一日炊き、糖蜜で数日漬けこみ、4日目「牛蒡の蜜煮」が完成しました!
「綱島産」堀りたての牛蒡です!

CIMG9878.JPG

でこぼこ容姿は様々ですが美味しい香り・・・お鍋を覗く楽しい数日でございました。

CIMG9879.JPG

CIMG9881.JPG

CIMG9920.JPG

CIMG9922.JPG

CIMG9943.JPG

白味噌餡を炊き、いよいよお菓子つくりです。

CIMG0094.JPG

CIMG0046.JPG

雅なお菓子の完成です!
CIMG0095.JPG

二色(にしき) 奉祝菓
紅羊羹を流し酒松風を合わせた二色の棹物

CIMG0252.JPG

CIMG0253.JPG

酒粕風味のもっちりとした松風と紅羊羹、御目出度いお菓子です。

昨年お茶タイムで餡雑煮の話題となり、香川県出身の生徒さんより餡餅を頂戴しました
作り方を伝授いただき・・・白味噌仕立の汁と銀杏大根・日の出人参・若菜を用意
これでよいのかしらと? 不安でしたがお餅を焼き始めると ”わ〜美味しそう”
初の餡餅雑煮、とても楽しみでございます。

CIMG0255.JPG

お菓子教室終え お料理教室???

CIMG0258.JPG

あまりの美味しさに、みなさんのお替わりは止まらずです
お茶タイムは「餡雑煮と柚餅」ご馳走さまでした。

CIMG0260.JPG

万両 こなし製

CIMG0104.JPG

庭の赤い実がいつの間にやら、ひとつもありません
春の訪れ・・・ですね。
posted by 京料理ふくもと at 00:01| Comment(2) | 和菓子
この記事へのコメント
近くの農家の梅、蝋梅の香りが漂う中、我が家の寒咲忍冬も満開で、甘いかすかな香りが鼻をくすぐります。お元気ですか、風邪など召していませんか。

初めてみる法螺貝餅は興味津々。それよりなにより川端道喜の「御菱花びら餅」はこれぞ本家中の本家。本物ですね。宮中ではお節料理の一種だったとか。完全密封でゴボウが突き出ていません。お味を聞くのは後日のお楽しみ致しましょう。

少し暖かいと春の雑木林に思いを馳せてしまう今日この頃です。それでは・・・。
Posted by アキストゼネコ at 2015年02月07日 00:53
アキストゼネコ様
コメント有難うございました。

立春、とはいっても寒明けは雪降る事が多いですね
今朝の霜柱に ”おおさむ こさむ”

まだ、春は遠いな〜と思っていると・・・
いつのまにか ロウバイの香りが梅に替わり、
マンサクのつぼみも膨らんできましたよ。

季節はしっかりとした足取りで移ってゆくのですね。

もう少し・・・あったかでお過ごし下さいますように。
Posted by ふく豆 at 2015年02月09日 16:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。