2017年04月26日

和菓子教室ふくや 「卯月」

姫うつぎ・・・卯の花の匂う垣根に♪
純白の花と鮮やかな緑の葉、爽やかな季節を迎えました。

CIMG1116.JPG

この春は肌寒く、桜 桃 花海棠・・・と一斉に咲き始めました
明るい風景を愛でながら、春のお菓子作りにウキウキ致します(*^-^*)
花より団子でございますか? どちらも大好きなのです。

花王  練り切り製
華やかに・・・牡丹が咲きました。

CIMG1125.JPG

京のよすが  亀末廣
お客様より「お花見土産よ」といただいた ”四畳半”
ため息が漏れる愛らしいさ
嬉しさのあまりお目目がハートになってしまいました!

CIMG1073.JPG

茶室に見立てた杉の箱
春がぎっしり詰まったお干菓子と半生菓子は、四季折々の自然の風景ばかりです
繊細な手仕事、正統派の美しいお菓子 暫く眺めてたのしみました。
色彩豊かな「干菓子」に心ときめくばかりなり。

都鳥  葛練り切り製
皆さんの可愛らしいお菓子が春を運んでくれました!

CIMG9038.JPG

さくら さくら  畳餅製
お餅に桜の花を忍ばせ、桜型でポンと抜き仕上げました。

CIMG9822.JPG

枝垂れ桜

CIMG1049.JPG

CIMG1033.JPG

花見団子  外郎製
日本では、縄文時代からクヌギやどんぐり、の実を粉にして水にさらし
それを まるめて団子にして食べていたようです
花見時に団子を食べるようになったのは 京都醍醐寺で開かれた豊臣秀吉の花見
秀吉は日本各地の甘物を集めたとか。
「花見団子」の赤・白・緑の三色 素敵な日本の彩です。

CIMG0740.JPG

あれっ 白と桜色間違えてしまったようですが
愛らしい花見団子の完成です。

CIMG1047.JPG

桜 艶干し錦玉 生砂糖製
この春もクルクル・・・頑張りました。

艶干し.JPG

花霞 外郎製

CIMG1051.JPG

春霞む山々・・・
木の芽の香りの味噌餡を炊きました

CIMG3987.JPG

CIMG0727.JPG

初めて和菓子を作られた生徒さん、頑張りました(*^-^*)

CIMG1110.JPG

来月もお楽しみに。

posted by 京料理ふくもと at 20:42| Comment(0) | 和菓子

2017年04月10日

ふぐ供養

4月9日 ふぐ供養祭

IMG_20170409_093321.jpg

桜花満開の中
本牧臨海公園で神奈川県ふぐ協会主催「ふぐ供養祭」がおこなわれました。
あいにくの雨でしたが、ちらほら舞う桜も風流なり。

IMG_20170409_093307.jpg

「ふくは彼岸から彼岸まで」といわれ、
昔は春のお彼岸でシーズンの終わりを迎えていました。
供養碑へふぐをお供えし ふぐの命に感謝いたします。

1491795871678.jpg

1491795836682.jpg

「福」を招く魚「ふぐ」
また来シーズン”美味しい福が訪れますように”
冬の風物詩としてお客様に大変ご好評いただき有難うございました
合掌。


posted by 京料理ふくもと at 16:52| Comment(2) | 晴雨日記