2016年08月31日

名残の葛焼き

CIMG0296.JPG

暑さ残るものの朝夕吹く涼しげな風に ”小さい秋みーつけた”
和菓子教室も夏休みを終え、秋のお菓子作りを楽しみにしております。

夏は涼一味・・・葛や寒天菓子で涼しさを楽しみました。

葛やき
葛のやんわりとした食感と小豆の風味
夏の終わりを告げるかのような素朴な趣きのお菓子です
葛粉と小豆餡を練り上げぷくぷくと長時間蒸し型に流してゆっくり冷めるのを待ちます
四角に切り分け 米粉をまぶし 頃合いを見ながら六方を焼き仕上げます

CIMG1214.JPG

休んでいた葛肌に焼き目が入り、いっそう侘びた風情が感じられます。

CIMG0425.JPG

朝の露  葛製
今日はいくつ咲いたかな・・・と楽しみにしております母へ
この夏、お菓子もたくさんいただきましね(*^-^*)

CIMG0347.JPG

水ようかん 
凛と角立つ涼しげな水ようかん 涼菓の代表選手でございます!

水ようかん.JPG

銀河
水ようかんと錦玉の二層仕立てです

CIMG0238.JPG

蛍の夕べ
香ばしい蕎麦茶の蛍がちらほらと

CIMG0334.JPG

小豆の寒天ぷりん
ふるふるの口あたり、さっぱりといただけます

CIMG0320.JPG

さざ波
錦玉羹と道明寺羹の流し合わせ・・・波の音が聞こえますか

CIMG0191.JPG

CIMG0251.JPG

朝の夢  薯蕷まんじゅう
毎日楽しみました槿の花も段々に小さくなってきました・・・

CIMG2550.JPG

秋の訪れを待ちわびて、餅菓子やこなし きんとんと和菓子も衣替えでございます。


posted by 京料理ふくもと at 21:08| Comment(0) | 和菓子

2016年08月29日

暑気払い




1209-2-490x332.jpg

8月27,28日とお諏訪神社のお祭りが行われ
綱島の街は「お祭り一色」となりとても賑やかでございました!
周辺には夜店もずらーりと並び、昨今変わらぬ風景に子供の頃を思い出しました・・・。

念願の暑気払い

CIMG0392.JPG

和菓子教室でお世話になっておりますアシスタントのKASUMIちゃんです
ご挨拶を済ませるやいなやエプロンをキュと絞め お教室のキッチンに突入
お鍋もボールも見事にピカピカに洗い上げてくださいます
” いつもいつも感謝の気持ちでいっぱいです ”

CIMG0390.JPG

やっとやっとスケジュールが決まり!
京懐石美濃吉さんでゆっくりお食事を楽しみました
”今日はお客さんね”と
涼しげなお料理を味わいながら二人ともにこにこ・・・

CIMG0402.JPG

可愛いおくどさんで炊かれた「鮎ご飯」も嬉しい一品でございました
二次会は大きなチョキレートパフエをいただき (久しぶりにいただいたような)
お腹いっぱいの暑気払いとなりました!

今日の一皿
KASUMIちゃんはお料理名人  心温まる元気な一皿です!
かぼちゃのコロッケ
生パン粉でふんわり ”黒ごまがアクセントで素敵”

CIMG0080.JPG

ポークピカタ
柔らかなポークとふんわり玉子が絡み 特性ソースも抜群のおいしさでした(*^-^*)

CIMG9948.JPG

焼きビーフン
お父さま仕込みの台湾風 具だくさんで愛情たっぷりなのです(*‘∀‘)

CIMG0364.JPG

チキンのオーブン焼き
数日漬け込んだチキンはしっとり スライス玉ねぎとお醤油ベースのたれでいただきました
玉ねぎでチキンが見えず残念ですが、美味しくて感動です(#^.^#)

嬉しいメッセージ付きです!
CIMG0368.JPG


CIMG0366.JPG

いつもドキッとしてうるうる、ご飯が進んでしまうではありませんか
心温まるプロフェッショナルな一皿
”ご馳走さまでした”









posted by 京料理ふくもと at 19:23| Comment(0) | 晴雨日記

2016年08月25日

申年の福梅

残暑お見舞い申し上げます

CIMG0323.JPG

夏バテのパソコンがやっと我が家に帰ってまいりました
”3度の夏バテにくたくたです”
恐る恐る不安な心持で・・・晴雨日記を綴っておりますと
「金魚のぜりー」をいただき、早々”ご相伴”すっきり元気になりました(笑)
。。。涼しげに泳いでます。。。

CIMG0265.JPG

夏場大活躍の梅、今年も美味しい梅干しが完成致しました。

CIMG0381.JPG

申年の梅は縁起が良いと言われております
「梅は三毒を断つ」「梅はその日の難逃れ」
スタートが少々遅れましたが、
自然の恵みに寄り添う 幸せなひとときでございました。

今日の一皿 
 
「 鱧落とし 」
鱧と梅 絶妙な出会いもん
“幻の淡路島産”と呼ばれるほど貴重で美味しい逸品でございます。
たっぷりの梅肉でお召し上がりくださいませ。

CIMG0182.JPG

淡路の玉ねぎといただく「 鱧鍋 」

CIMG0228.JPG

「 鱧の子 鱧笛 ゼリー寄せ 」

CIMG0311.JPG

ご来店心よりお待ち申し上げております。
posted by 京料理ふくもと at 00:20| Comment(0) | 料理