2019年09月03日

晩夏のお甘さん

蓮の実.JPG

夏の早朝
蓮の花は「ぽん」と音を鳴らし清らかに開花する
花の開花音の有無は古くから論議されていたようですが
神聖な響きをいつか聴いてみたいと思っておりました・・・
数日前の事、「お客様から音などしませんよ」と
花弁の擦れ合うごくわずかな振動があるだけで、開花音ではないそうです
朝の夢は幻なり。

晩夏を楽しむお甘さん 
草の根や海草の恩恵で涼やかなお菓子が生まれました。

万灯火
万灯火 (2).JPG

柚子わらび
冷やしわらび (2).JPG

宇宙
宇宙.JPG

くず桜
葛桜.JPG

生茶かんてん
抹茶寒天.JPG

コウホネ
こうほね2.JPG

矢の根梵天花(やのねぼんてん)
やのね.JPG

「矢ノ根梵天花」は葉がやじりのような形で 可憐な花を咲かせます
葉が垂れ下がり夏の日光を避けてちゃんとお花を守っているのです
夏の間毎日咲き続けあちらこちらに生け楽しんでます
可憐な花・・・お甘で作ってみました。

矢ノ根.JPG

posted by 京料理ふくもと at 21:02| Comment(0) | 和菓子

2019年09月02日

和菓子教室ふくや「早生栗」

”初栗 バンザイ”
いがぐり2.JPG

9月1日(日曜日)
夏休みを終えて 秋季レッスン〜和菓子教室が始まりました。
子供の頃 休み明けは真っ黒に日焼けしてると誇らしげだった記憶がございます
宿題さえなければ最高と呑気な幼少期、今日の異常気象など考えられませんでした。

お教室で久しぶりの再会、生徒さんのわいわいBGMが心地よくお祭りのよう!
午前クラスは「栗茶きん」待ちに待った早生栗とのご対面に歓声があがりました!
蒸気と熱気で汗だくの作業もなんのその、芳香豊かな新栗が小さな秋を運んでくれました・・・。

栗松葉.JPG

栗を蒸して〜 熊本産 早生栗
CIMG2675.JPG
アツアツを二つ割り〜 ん・・・ほこほこです!
CIMG2100.JPG
スプーンで丁寧に栗の実を出して〜
CIMG2101.JPG
熱のあるうちに裏ごします〜
栗うらごし.JPG
少々のお砂糖を加えやさしい火で炊きあげ栗あんが出来上がりました
茶巾できゅっと絞り、好みで焼き目をつけても風情がございます
CIMG2681.JPG
雲龍紙の端をちょんと染め 我が子のように大切に包み完成です。
CIMG2683.JPG

レッスン二日前、豊洲市場に注文済みの栗が入荷無しとの事
誰のせいでもありませんがショック!はてレッスン変更と頭は真っ白なり
例年なら8月下旬から入荷しているはず?
異常なまでの暑さや台風と農家の方も気をもまれたことでしょう
レッスン前日AM4時市場に電話をすると入荷ありとの吉報でございます
板さんが豊洲へと向って下さり一件落着となったのです。
今年の「山土産」
一番乗りのお味は・・・自然の恵みに感謝 皆さまに感謝でございます。

お疲れさまのお甘は「はつ萩」 ほっぺも秋到来となりました。

こぼれ萩.JPG

posted by 京料理ふくもと at 22:14| Comment(0) | 和菓子

2019年08月21日

蓮の葉涼し

「食べること365日」
味のカレンダーをめくりますと今日のテーマは「万願寺唐辛子」
季節の中で旬のおいしい味に出会うことは、人生何倍も楽しくなりますね。

万願寺.JPG
8月21日(水)
脇屋シェフのエッセイに興味深々、台湾客家料理が紹介されおりました
台湾でも同じ品種の青唐辛子があり種を取り出し鶏肉と豚の背脂を詰め、
炒り焼きをしてから鶏のスープでさっと煮る 味付けは醤油、砂糖、紹興酒、塩のみで
鶏から出るゼラチン質が唐辛子に絡んで冷めても美味しい一品だそうです。
簡単そうですが、背脂を詰めて炒めるとは想像もつかなぬことで関心するばかりですあせあせ(飛び散る汗)

夏に旬を迎える京野菜の一つ「万願寺とうがらし」は肉厚で優しい甘みがございます
揚物や焼き浸し・・・と旬の物を美味しくいただくと誠に元気になります!、

本日のひとさら
鱧落とし(淡路)   水前寺海苔 はなまる胡瓜
鱧はす.JPG

丹精込めた自家製の梅肉でございます
梅肉と山葵でさっぱりと 夏の涼味をお楽しみくださいませ。
梅肉.JPG

蓮の葉涼し・・・・ご来店お待ち申し上げております。
鱧.JPG


posted by 京料理ふくもと at 22:44| Comment(0) | 料理

2019年06月24日

思慕

ねじ花

ねじり花.JPG

梅雨の中休み、気になっておりました草むしりを終わらせやれやれ・・・
と振り返った瞬間 ”えっ”何と小さなねじ花が咲いているではありませんか
数年前にお庭から絶えてしまい存在すらも忘れておりました
花言葉は「思慕」
今日お目にかかれ本当に嬉しく有難う また明日。

ねじり.JPG

今日の一皿   お梅さん  
梅が届きました!
うめ.JPGCIMG2436.JPGCIMG2426.JPG

甘酸っぱい香り・・・何度も深呼吸したくなります(*^-^*)

うめ.JPG

美味しい梅干しが出来ますように。

posted by 京料理ふくもと at 18:15| Comment(2) | 晴雨日記

2019年06月09日

和菓子教室ふくや「雨あがり」

八重のホタルフクロが咲き出しました
ひらひらスカートのような・・・可愛らしい風情の花です。
昨年分けていただた「白の八重」も花盛り、人気上々でお嫁入りが決まりました(*^-^*)

蛍.JPG

いよいよ関東もも梅雨入りしたようですね
雨が最も似合う「紫陽花」のお菓子でございます。

紫陽花赤.JPG

柚子餡にダイスにカットした半錦玉羹をつけ 淡雪羹で上掛けをします
雨の滴が瑞々しく爽やか風情のお菓子が出来上がりました。

紫陽花ダイス.JPG

柚子餡
昨年は我が家の柚子が大豊作で 一日がかりの収穫となりましたあせあせ(飛び散る汗)
さて何にしようかしら? 柚子湯ばかりに入るわけにもいきません
柚子シロップや柚子胡椒 柚子ペースト・・・と存分に頑張り楽しませていただきました
このお菓子は柚子風味の餡で作りたいと思ってましたので 爽やかな餡が出来上がり感無量
”生徒さんにも大好評 自然の恵みに感謝でございます”

紫陽花半錦玉.JPG

雨上がり.JPG

今回は淡雪羹のてんぷら(上掛け)に苦労しました・・・が
笑いの絶えないお教室はいつも晴天なり。
楽しいひととき 美味しいお菓子が完成しました。









posted by 京料理ふくもと at 19:14| Comment(0) | 晴雨日記

2019年06月04日

氷の節句


涼やかな彩りの紫陽花が見頃を迎えました
梅雨入りを誰よりも待っているかのようです・・・。

紫陽花庭.JPG

早いもので六月晦日 今年の半分が終わります
平安の昔、
陰暦の六月一日を「氷の節句」とし、宮中では氷室に蓄えておいた氷を臣下に賜る
「氷室の節会」という行事があったそうです。
夏の暑気払いと無病息災を願い 誠に有り難く氷を口に含んだことでしょう

今日の一皿  「水無月豆腐」

水無月豆腐.JPG

氷に見立てた胡麻豆腐に魔除けの小豆と水の妖精を添えました
涼やかな一皿、ご賞味くださいませ。



posted by 京料理ふくもと at 23:24| Comment(0) | 料理

2018年01月01日

謹賀新年


蕗の薹.jpg

明けましておめでとうございます


寒い季節に耐えて
 芳しく花芽をのぞかせる蕗の薹

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

新年は1月6日より営業致します
ご来店心よりお待ち申し上げております



posted by 京料理ふくもと at 15:46| Comment(0) | 晴雨日記

2017年12月22日

和菓子教室ふくや            『山口香澄 作品展』

数寄屋侘助.JPG

今日は冬至でございますね。
1年でもっとも昼の短い日、南京をいただき、柚子湯でぽかぽか致しましょう(●´ω`●)

「 初夢 」

初夢2.JPG

道具.JPG

干支菓子で始まりました和菓子教室も冬休みとなりました
コッコの夢は叶いましたでしょうか?
毎月皆さんとの和菓子作りはとても楽しく
四季をくっきりと体感できる至福のひとときでもございます
一年の様々な想い出と共に満ちた日々を過ごせましたこと・・・ 感謝。
アシスタントの香澄さん、いつもピカピカのお道具をご用意下さり・・・感謝。

『山口香澄さん 作品展開催』のお知らせ申し上げます

作品展.jpg

          ●場所:和菓子教室ふくや 中山ビル1F(京料理福們の裏です)
●日時:2017 12月23日(祝)〜28日(木) 
    12:00〜20:00 最終日のみ12:00〜18:00

香澄さんは料理人として日々腕を振るい デリバリー専門の美味しいお弁当を作ってます(^^♪
多忙な日常の合間、大好きな絵を描き頑張っておられます
お鍋やお道具に囲まれた”おかしなギャラリー”でございますが
ご観覧下されば幸いでございます。

何かとお忙しい時節と存じますが、暫し香澄アートをお楽しみくださいませ
お待ち申し上げております。


posted by 京料理ふくもと at 17:02| Comment(2) | 晴雨日記

2017年12月05日

木守り

お初の干し柿
いただくのが勿体ないほど・・・何ともユニークで風情がございます
記念写真を撮り終えまして我慢できずいただいてしまいました。

木のてっぺんに残した「木守りのおまじない」
来年もよく実りますように 最後の一つは小鳥たちにと・・・
日本のゆかしい習慣は何と素晴らしい事でしょう。


干し柿.JPG

ユニークと云えば、思わず笑ってしまった「朝採りの大根」です
おだしでコトコト、蟹葛あんたっぷで召し上がっていただております
瑞々しく、冬野菜の醍醐味でございます!

CIMG1743.JPG

今日の一皿
甲箱蟹・こうばこがに
冬の短い期間にしか漁が出来ない冬のご馳走でございます
メスの甲箱はとても可愛らしい蟹です
お腹の中にあるプチプチとした食感の外子・甲羅の中にある内子と
それぞれにお楽しみいただけます
冬限定の一皿、ご賞味くださいませ。

CIMG1705.JPG

忘年会 新年会のご予約承っております
皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。

posted by 京料理ふくもと at 21:55| Comment(0) | 料理

2017年08月31日

葉月 「涼菓」

なんて涼しい8月の終わりでしょう
小さな蕾を沢山つけ 一つ 二つと野菊が咲き始めました。


のこんきく2.jpg

野紺菊

CIMG1613.JPG


この夏ははっきりしない天候の毎日でございましたね
涼やかなお菓子を楽しんでいただきました。

ほたるの夕べ 
抹茶餡と小豆餡のなめらかな水ようかんです。

笹ほたる.JPG

太陽の花 練り切り製
この夏はいつ咲いたらいいの?と悩んだことでしょう。

向日葵 (2).JPG

せせらぎ 錦玉製
さらさらと川の流れる水の音・・・。

清流.JPG

青海波  道明寺羹

青海波.JPG

白玉あずき
蒸し暑い夏にうれしい和のスイーツ、茹であずきたっぷりでいただきます。

CIMG1271.JPG

白玉小豆.JPG

若桃の葛まんじゅう
若桃の実と小豆を散らし もっちりと仕上げました。

若桃水まんじゅう.JPG

夏休みを終え、9月より和菓子教室が始まります
”実りの秋” とても楽しみでございます!

posted by 京料理ふくもと at 23:46| Comment(0) | 和菓子